スポンサードリンク


スポンサーリンク

炎のねるとん3本勝負。ベッドイン×金爆!

ライブ・イベント
sdr

「ベッド・イン」という方々をご存知でしょうか?女性2人組の地下セクシーアイドルユニットです。

ベッド・インオフィシャルHP

職場でベッド・インのサイトを見てると(仕事しろよ)先輩やら同僚やらに「お笑い芸人?平野ノラちゃんの派生形?」と聞かれるので、

「どー見てもアイドルでしょうが!何だ?貴様の目は節穴か?!」

と息巻いています。因みに私は職場でまだまだ下っ端、平和な職場と優しいスタッフに恵まれた幸せ者です。

ベッド・インのメンバーはボーカルの益子寺かおりさん(おみ足担当)とギターの中尊寺まいさん(ぱいおつかいでー担当)のお2人で、パートタイムラバーズという男性のサポートメンバーがバックバンドにいらっしゃいます。みんな素敵です。

かおりさんのInstagramから画像を拝借しております。見てくださいこのハイレグ!「終わらないバブルを貴方に…」をコンセプトに活動されてて、結成のきっかけも「お互い昭和顔」という2人の共通点で意気投合したそうです。ベッド・インの存在を知ったのはRIZEのKenKenのツイッター投稿でしたが、実は私もなかなかの昭和顔なのでお2人に親近感が湧いたのが第一印象でした。

その後、氣志團の誇り高き團長・綾小路翔様のオールナイトニッポンプレミアムにゲストで出てたり、ゴールデンボンバー鬼龍院翔のカバーアルバムに参加してたり、もう私が行くところ随所に現れるもんだから、そんなんうしろ髪ひかれ隊にもなるじゃないですか。と思っていたら、遂にゴールデンボンバーとの対バンですよ。Zepp Tokyoいくしかないですよね。eプラスの先行で無事当選し、チケットを入手(うっかり妹に頼んでいた氣志團のGIGチケットとダブルブッキングしてしまいましたがそちらは妹の友人が私に代わって楽しんできてくれました。

当日、仕事を早退し意気揚々Zepp Tokyoへ。以前はしょっちゅう来てましたが、気づけば足が遠のいておりました。最後に来たのはいつだったかしら…

先行物販でジュリ扇もゲット。その後まもなく完売してしまい、ギリギリで間に合いました。

ベッド・インのファンの皆様(名称:性徒諸クン)は男女問わず素敵な方が多かったです。特に若い女性ファンはなんだかとてもカッコよく見えました。ゲロマブってやつですね。見習わせていただきます

19時開演。OPでベッド・インのおふたりが登場、ご丁寧にご本人様の注意事項説明がありました。なんと、ベッド・インのおGIGは写真撮影OKとのこと!※動画はNGです。でも、せっかく圧巻のパフォーマンスが見られるなら撮影するよりこの目に焼き付けたくなります。あとあくまで撮影してよいのはベッド・インのみで、共演者のルールはこの限りじゃないのでご注意ください。今回でいうとゴールデンボンバーは撮影だめでした。ま、いつもどおりですね。

説明後、ゴールデンボンバーのステージ。いつも通りしょーもなくて爆笑😆バブルを意識した演目もあり、安定して楽しませていただきました。

そしてお待ちかねのベッド・インのステージ。

許可されたところで私は写真が下手くそすぎるので殆ど撮りませんでした(笑)しかしかっこいい。かおりさんの逞しくて伸びやかな歌声、ちゃんまいのソウルフルなギター。好き。実はこのときまでCDも持っておらず曲をほとんど知らなかったのですが、それでも楽しすぎてジュリ扇振りまくりでした!ジュリ扇の抜け毛か多くて前に立ってた性徒諸クンのオバサマにはご迷惑をおかけしてしまい、というか会場全体でジュリ扇の抜け毛が舞ってましたが… ま、楽しかったです(笑) 金爆の元カレ殺スもコピーしてくださり、感無量でした。

アンコールでは金爆のDance My Generationをコラボ演奏、久々にダンジェネ衣装を拝めました。ケンジさんのおバカっぷりが今回の世界観にとてもハマっていて輝いていました。ちゃんまいの人妻のような体型の魅力という意見については大賛成です。締めはベッド・インのC調び〜なす!という曲。これも大盛り上がりで最高なナンバーでした。

もう感無量で帰宅し、日々の小さなクヨクヨは吹き飛ばされるほどに楽しむことができました。曲も元気付けられる素敵なものばかりだったのでソッコーでアルバムをポチりました。ジュリ扇ハレルヤという曲が大好きです😘

ベッド・イン、これからもっと詳しくなってどんどん推していきたいです♥

コメント

タイトルとURLをコピーしました