スポンサードリンク


スポンサーリンク

好きです脱毛~湘南美容クリニックへ行った話⑤~

前回のつづき:SBC待合室でコブラを読む私。

 

「へぇ~コブラかっこいいなぁ」

とか思ってたんですが盛り上がってきたところで呼ばれました。いよいよです、ここから私のおまたの毛が減ってゆくのです…

※お気づきかもですがおまたという表現に抵抗がなくなっていますが麻酔を使っているわけではありません、あくまで羞恥心のマヒです

 

カーテンで仕切られた施術スペースに通されます。

周りで施術中の人たちの声も少しは聞こえてきましたが、エステのようにお喋りしているわけでもなく必要事項の確認のみっぽかったです(隣にいるのが男性か女性かわかってしまうものの、詳細な内容は聞かないようにしました。人にやられて嫌なことはしない!)

照射してくれる看護師さんに挨拶と説明を受け、看護士さんは一旦退室。その間に下半身をポンチョ1枚に着替えます。

必要物資を揃えてお戻りの看護師さん。ベッドに仰向けに寝かされ、目の保護と称して視界を奪われる私(何も見えない)ポンチョを開放され、露わになる私のおまた。消毒かな?ジェル的な?何かをぶっかけられ、塗り広げられ、ひんやりします。

 

看護師さん「形どうします?」

私「一応全部剃っては来たんですが…」

看護師さん「確かに、最初数回で全体に照射して毛量を減らしたり毛質を柔らかくして、その後形を整える方が多いですね」

私「下調べ通りですわ。それで行きましょう」

この時、私はおまたつるつる報告をしてくれた友を思い出していました。待っててな、私もすぐそちら側にいくよ、終わったら飲み行こうな…

 

が、瞬時に現実に引き戻されました。

看護師さん「剃り残しがありますね、有料になってしまいますがいかがなさいます?」

私「お願いします!」

覚悟してましたからね、だって全然剃れないんだもん。目隠しで見えなかったけど、看護師さんめっちゃジョリジョリ剃ってました。あれは何を使ってたんだろう?感覚的にはT字のカミソリ系っぽいが…勇気がなくて聞けなかったので、次回頑張って聞き出します。VラインとIラインの剃毛で500円、Oラインで500円。合計1,000円が加算されました。仕方ない…

 

遂に脱毛開始。照射機械が施術部位に当てられ、そこから先はあっという間でした。ピッピッピッピッピッピッピッ…みたいな。表現下手!

最初にVライン(おへそ下から始まり、機械が横に滑らされて片っ端から照射されてるのがわかりました)次にIライン(膝を立てて、外側に倒したところを機械でグリグリ押し広げられて肌を滑っていきます。右→左の順番でした)

Iラインは、看護師さんの聞き手の問題なのか左側を照射するときやたらと機械が肌にひっかかり、また連続で照射するから機械が熱を持つのかはわからないんですが右を照射したときに比べやや熱く感じました。まぁこの痛みで毛が抜けると思えばたやすいものです。HEAD  CHA-LA だぜ!

 

最後にOライン。うつ伏せになり、軽く足を開いたかどうか…全く記憶にありません(笑)でも、そんなに辛い態勢も痛くて耐えられない箇所もありませんでした。

最後に看護師さんがジェルを拭きとってくれて終了。着替えてファイルを受付に戻し、追加の1,000円を支払って終了しました。

次回の施術は2ヶ月先の日程でネット予約できるとの説明を添えて会員証をいただきました。このカード、オジサンだらけの職場で落としたら気まずいなぁ(笑)と思ったのですが、あくまでSBCって書いてあるだけで「湘南美容クリニック」の表記は無いんですね!知ってる人しかわからないじゃん!!徹底されていらっしゃるんですね…CM好きじゃないとか言ってすみませんでした、これからもお世話になります!!

そして本日で施術後10日ちょっと経つのですが、2,3日前から毛が抜け始めました!
写真撮ってアップとかはしませんが(恥)短い毛がぽろぽろ取れます。
まぁ初回なのでどうせまた生えてくるし、そんなに綺麗にはならないでしょうがやっぱりこの感じは嬉しいものです。
また体調とか他の都合とかでずらすかもですが、一応9月頭で次の予約も取りました。
初回に行ったクリニックでなくても予約できるようなので、面白半分にいろいろなところを探検していきたいと思います!
そんなに有益な情報もなく恐縮ですが、経過もこちらで綴っていこうと思います。
おまけ。
後日、職場で『ザ・ノンフィクション』の話になり、整形シンデレラの放送を同年代男子の同僚も見てたとのことですが
「遅刻の子も引きこもりの子も結局みんな成長しちゃって、親とか周りも協力的で。あんなNHKドキュメンタリーみたいな展開求めてないんですよ、あの番組は日曜の昼過ぎに嫌な気持ちにさせられるための枠なんですよ
と、感想を述べていました。彼のような人たちが本物の『ザ・ノンフィクション』ファンだと思います。
わかるわ~と同意はしたのですが、「実は私も湘南美容クリニックに通いだしてね!」とぶっちゃける勇気はありませんでした。相手も聞きたくないだろうし(^-^)
何はともあれ、次の予約の日が楽しみです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました