スポンサードリンク


スポンサーリンク

人生初の梅酒づくり

毎年、初夏頃スーパーやらホームセンターやらに出向くとやたらと目につく「梅酒を漬けよう」的なコーナー。
 
昔から憧れてたんですが、なかなか機会がないまま早幾年。

実家では家族が漬けていたのですが、自分でやったことはなかったのです。

 

先日、「ネットの梅農家さんのサイトを見ても梅はほぼ売り切れてるし、今年も出来なかったかぁ」と思いながら西友をふらついてたら

何と1袋だけ梅ちゃんが残っているではありませんか!👀

豆もやし探しに行っただけなのに思わぬ収穫!(ちなみに豆もやしは売り切れでした)

これは今年デビューするしかない!材料全部買って帰ろう!と思ったけど

(´-`).。oO(ホワイトリカーがない…)

仕方ないので梅と氷砂糖だけ購入。

帰宅途中、ドラッグストアも覗いてみたけど

(´-`).。oO(ここにもない…)

 

ホワイトリカーの近所調達は諦めて、Amazonさんでポチることにしました。

 

後日、新宿の用事ついでにニトリへ寄ってビン(5.2Lサイズ)を購入し、いそいそと帰宅。

加えて「梅のへたを取るのに竹串を用意」とあったのを思い出し、Big-Aに立ち寄り。

(´-`).。oO(竹串ない…)

何なら爪楊枝すらない。老眼鏡は売ってるのになぜ…

しかも何となく嫌な予感がして、お酒コーナーへ。

 

(´-`).。oO(ホワイトリカーあるやんけ!!)

 

しかもAmazonより安いでやんの!配達中のデリバリープロバイダさんはいつくるかわからないし!まぁ待ちますけどね…

 

結局コンビニで爪楊枝と進撃の巨人マンチョコ(つまみ食い用)を購入しました。てか割り箸もらえば爪楊枝ついてたよな…先何年分の梅酒漬けられるほどの爪楊枝を入手したよ…

 

四の五の言っててもしょうがないので、帰宅して早速梅酒づくりを始めることにしました。(早速と言いつつ実は梅購入から2日経ってます)

レシピは「梅酒」ってググると一番上に出る

ほりぐち農園さんのサイトを参考にさせていただきました。

袋から出しただけで梅のいい香り。あー今すぐ梅酒飲みたい

 

梅を流水で洗い、エグみを抜くためとのことで1時間ほど水につけて(もしかしたら梅が青くないので不要だったかも?まぁ損はないっしょ)

水気を取り、へたをとり、洗ったビンへ梅を入れます。(へたが思った以上にスルリと取れて快感フレーズでした)

 

 

愛おしい…
氷砂糖を挟み、更に梅を重ねます。

 

梅は1袋で概ね1kg程度でした。
氷砂糖はよく確認しないで1㎏を購入していたのですが、
サイトによって500gだったり1㎏だったりまちまちなので、全部入れちゃいました。
梅と氷砂糖1:1の割合です。甘めにできることでしょう
 

やっとAmazonさんから届きました。
サントリーのもあったんですが、ビールについて圧倒的サッポロ信者であるためサッポロさんにしてみました。
きっとどこのメーカーでも美味しくなることでしょう(味の違いわかる自信ないし)
「梅は痛まないように丁寧に入れよ」との説明にありましたが、ホワイトリカーはドバドバ入れて良いそうです。
 

ドバドバ入れます

1.8L全部入りました。

※酒が届くのを待つ間、室温の高さで梅が腐ったら嫌だなという不安から冷蔵庫スタンバイにしたため結露してます。
梅酒を漬けている間は冷暗所保管だけど冷蔵庫だと冷たすぎて風味が上手く出ないそうです。
反省して室温で様子を見ることにしました。

一晩明けて、氷砂糖が沈みました。
これがどんどん溶けていき、梅の風味が染み出し、来年には愛くるしい梅酒ちゃんが出来上がるのですね…
私の初号梅酒ちゃん、名前つけないと。
 
完成がいと楽しみです。
 
【おまけ】
ニトリでビンを買うとき、パスタケースも一緒に買ってみました。
今までは袋から食べたい分量を直出ししてたんですが、調理時モタつくし、150~200gくらい茹でちゃって食べすぎ良くないなと思ってましたので。いい機会です。

ええやん。

100gをサッと出せるようになりました。

100gでは全くお腹が満たされませんでした。
-fin-
 
今回買ったもの

ニトリ:量り付きステンレス蓋ガラスパスタポット

ニトリ:ガラスジャー 5.2L

↑※ほりぐち農園さんの手順に従いビンを熱湯消毒する際は、このガラスジャーの蓋のパッキンが耐熱70℃までなのでご注意ください!私は本体だけ熱湯消毒して、蓋は中性洗剤で洗うだけに留めました。


コメント

タイトルとURLをコピーしました