スポンサードリンク


スポンサーリンク

東京クリエイターズ・ファイル祭 -池袋クリエイティブ大作戦-

天才子役の上杉みちくんに、ファッションデザイナーYOKO FUCHIGAMI
彼らはロバート秋山竜次が扮する、各界のトップクリエイター。
クリエイターズ・ファイルの存在を最初に知ったのは、丸の内の丸善で漫画を買ったときに袋に入ってた「honto」という冊子。
普段なら中も確認せず捨てそうなのに、何故か中を開いて読んだ。
そしたら諸々面白かったが、何より驚いたのが
「何このスポーツトレーナーのページ…すげぇ変な奴だな。 しかも本関係なくね?てかこの顔ロバート秋山じゃん?」
秋山さんだった\(^o^)/
あまりの発見に嬉しくなり、みんなにも教えてあげようとその冊子を暫く保管していたのですが
掃除の度に「あ、そうだこれ捨てちゃだめなやつ」と収納し存在を忘れ、何度も繰り返し、
ある日妹から連絡があり
妹「お姉ちゃんクリエイターズファイル知ってる?面白いから是非見るといいよ」
私「クリエイターズファイル?わかった見てみるわ」
クリエイターズファイルってコレかよ…
知らなかったけど知ってたよ…

よく見てなかったから気づかなかったけど連載企画だったとは。
そして遂に
クリエイターズファイルのLINEスタンプができ、いろんな人からスタンプが送られてくるようになり
もはや出遅れ感すら漂い
(´-`).。oO(認めるよ…もうアタイはただのニワカだよ…)
そんなこんなで時が流れ、この度パルコミュージアムでのイベントを知り、お邪魔して参りました。
初のパルコミュージアム。
池袋パルコの本館7Fまでえっちらおっちら上がり、入り口についたら
階段沿いに列が伸びてて最後尾につくのに5Fまで降ろされました。勿体無い…

とはいえそんなに待たされることもなく受付へ。
入場チケットの半券

オマケのカード


中へ入るともうそこは所狭しと広がるクリエイター達の空間でした。


















































もう説明不要の楽しさ。
スクリーンのブースで10分強の映像作品も3本上映してて
これで入場料500円ですからね…コスパ良すぎでした
本当はしんちゃんの映画見てから行こうと思ってたのですが、まさかのペアデー割引でかなり席残数が少なく
致し方なしに当日の予定をパルコのみに絞ったのですが、かなりゆっくり見て時間かかったので結果オーライでした。
地方でもやるみたいなんで、ぜひオススメです。
下らないけど笑えるし、なんてったって安いですから(^-^)
最終日になってしまいましたが本当に行けてよかったイベントでした。

↑自分へのおみやげ:YOKO FUCHIGAMIスマホケース

コメント

タイトルとURLをコピーしました