スポンサードリンク


スポンサーリンク

ブログを再会した経緯:破

おはようございます、貧乏人のくせに流行る前からマカロンが好きだった瀧ノ川です。

さて。あんまり需要ないと思うけど前回の続きです。

占いに行くことを決心した私ですが、いろんなところで占いってやってるじゃないですか。

でもいつも、簡単に頼りたくないなって気持ちに負けて入店できないんですね。

(あと人見知りなのもあって)

前職の頃、沖縄に評判の先生がいると聞き、意を決して行ってみようと思ったのですが

うっかり同期に話したら同伴希望者が思った以上に増えてしまい

(´-`).。oO(こんな大人数の中で自分の相談事なんて恥ずかしくて出来ないぜ!)

って思ってしまったのと、転職活動の準備が重なり

発案者だったのにまさかの不参加となりました\(^o^)/

(ちなみに沖縄に行ったみんなはなかなか楽しんで帰ってきたので実りのある機会だったようですが

案の定ひとりが相談してる間他のメンバーがメモを取ってくれる超連携プレイだったそうです。)

で、次に目をつけたのが赤羽の母・村山先生。

漫画【東京都北区赤羽】の作者、清野とおる先生もお世話になったそうで、私も清野先生を経て知りました。

村山先生に見てもらった方のエピソードで(多分テレビ関係の方)

「あんたは顔も何もダメだけど結婚は出来る」的なことを言われた男性(その時彼女もいらっしゃらず)が

その後本当に結婚したとツイッターで見まして。

当たったことよりも

「ちゃんとダメなところを言ってくれる!それもストレートに!!」

ってところに最高に惹かれました。

清野先生が漫画のなかで、最初は耳遠いし言葉にも圧があるから緊張するけど

話していくと笑顔が可愛くて優しい方だと仰ってたので

是非お目にかかりたいと思いました。

1回目の挑戦。

11時からだから!と10:55に着いたらもう女の子が2人並んでた。仕事前だった為出直す

2回目。

仕事で半休を取って行ってみた。15時過ぎに着いてインターホン

出ない。けど中から話し声が聞こえる。

ダメ元でもっかいインターホン。

出てきてくださった!清野先生のイラストそっくりじゃ!!

「今日はだめなの。また来てくれる?」

そう仰って名刺をくださいました。終日予約のお客様で埋まっていたようです。

人気!!

電話で空き状況を確認してから来たほうがいいよ、と仰っていただいたので

3回目は自宅から電話。

「今日はダメだね」

また埋まってた。

後日4回目の挑戦、電話。

出ない。

何度かけても出ない。

占い云々っていうか先生のことが心配だ…しかし安否を確認するがないため諦める。

お忙しいだけなら良いのだが。

ちなみにこちら、月曜日がお休みなのですが私の休みが不意に月曜に重なっていたことと週末はやはりお客さんが多いようで、なかなか都合がつかず

最初にお邪魔しようとしてから1ヶ月経ってました。

やっぱ週1(たまにそれ以下)しか休み無いの辛いわ(別の悲しみが溢れ出そうなので今はこの話は止めておこう…)

そんなこんなで3月末。貴重な休みが取れたので本気出して出陣を決意しました。

つづく

コメント

タイトルとURLをコピーしました