スポンサードリンク


スポンサーリンク

年明け、ロンドンに行ってきた話・プロローグ

2010年から2年弱、ワーホリのビザでロンドンに住んでいました。
日本に帰国する直前、ロンドンが恋しくて
それはそれは恋しくて
何となく銀行口座を残したままにしました
※銀行から届く書類は公的な住所証明に使えるので
知らない人が入る古い住所にお便りが届き続ける状態は
決して好ましくありません
でも本帰国後の2年間この状態にしちゃってた(^-^)自己責任

どこの国でも簡単ではないんでしょうが、イギリスの場合
その公的な住所証明がないと口座開設が出来なかったりします
(各銀行や契約内容にもよりますが、月額で維持費がとられるのは作れたりする、けど地味に高い)
つまりある銀行でひとつ口座を作れば
その銀行から来るレターを他の銀行に持っていき
そこでも口座が作れる。そして
そんなにいくつもいらんわ!
と、なります。
で、もし誰かが「君が忘れられない!結婚してロンドンに住もう!」とか
何か巡り巡って仕事が出来るようになればロンドンに戻るわけで
次作るの大変だし、この口座使うじゃーん!
ってことで、最後に住んでた友人宅の住所のまま帰国したわけです。
結果、彼氏とかいなかったし、てかそもそもろくすっぽ人と出会ってもないし
仕事に関しても、公に働けない潜りのアジアンを雇ってる
(それ自体はロンドンではあんまり珍しくもないけどね…) ような元バイト先が
就労ビザを用意してまで私を頼るわけもなく
なーんもなく2014年を迎えました。
むしろ日本でも誰からも必要とされず大人への階段を足踏みしている…
「よし、これはあれだ。現実を受け入れよう。
いつか知らんが私は日本で生涯を終える」
となり、転職前にさっぱりさせておこうと渡英を決意。
12/31に出発しました。
to be continued[emoji:e-141]

コメント

タイトルとURLをコピーしました